TIOGA・スパイダーサドルのコピー品VERTUが意外といい

2019 12/26

こんにちは、Daz(@daz555com)です。

「サドル沼」という言葉があるらしく、自分に合ったサドルを探すのはとても大変のようです。

特にロードバイクでロングライドする人にはお尻の悩みがつきものです。硬いカーボンサドルに長時間乗り続けるローディの宿命です。

ロードバイク向けのレーパンにはお尻部分を保護するパッドがついています。このことからもお尻問題が深刻であることが窺い知れます。

そんなお尻難民は自分にあったサドルを探して、底なし沼のような世界にはまってしまうみたいです。新しいサドルを購入してはケツ痛、股ズレ、硬い、柔らかすぎる、とまた新しいサドルを物色する無限ループです。同じようなものにホイール沼とかもあるみたいです。

僕はそんな長距離走ることはほとんどないため、あまりサドルは気にしません。幸せなことに、お尻が痛くなったということもそれほどありません。ただ、柔らかすぎるサドルは違和感を感じます。好みの問題です。

目次

タイオガ・スパイダーサドルとは

カーボンは硬すぎ。快適系は柔らかすぎ。というワガママに応えたのかは知りませんが、台湾のパーツメーカーTIOGAからスパイダーブランドで樹脂製のサドルが販売されています。

画像

Amazonでも買えます。超有名サドルのひとつです。

ツインテールタイプ、この蜘蛛の巣のような構造が特徴です。スパイダーシリーズにはペダルもあります。僕もロードバイクでスパイダーペダルを愛用してます。蜘蛛の巣デザインが奇抜でGOODです。

スパイダーサドルの特徴

タイオガ・スパイダーサドルの特徴としては、

  • 座面の素材が特殊なナイロン樹脂製
  • 重量190g
  • ツインテール
  • レール部分はクロモリ、カーボン、チタンから選べる
  • 定価8500円(クロモリレール)、13000円(チタンレール)、19000円(カーボンレール)
  • 別売りで座面のすべり止めキットも売っている
  • 蜘蛛の巣

といったところです。

樹脂製であることから座面は硬いです。硬いですが、体重を乗せるとわずかに座面が少し沈みます。これが適度な座り心地を生みだします。

アンチスリップパッドが別売りでありますので、樹脂特有の滑りを抑制できます、らしいです。

現在でも人気のサドルの一つです。

中華は節操なし。実売500円〜のコピー品VERTUの出来が意外とよい

そんな素敵なスパイダーサドルですが、樹脂製ということで類似品を作りやすかったみたいです。

完全なるコピー品が、VERTUという製品名かブランド名かわからない名前で出ています。ホンマにそっくりです。

座り心地も、硬めで適度なしなりがあります。まるで本家同様です。レール周りなど細部の作りは怪しい限りですが、座り心地は悪くありません。

重量も180グラム。軽量に仕上がっています。

その価格、なんと1000円未満。メルカリ探すと1000円以上で出品している人もいる中、Amazonで500円で買えることもある謎サドルです。色は白もあります。この価格でカラバリまで!

レビューが意外とよい不思議

本家のTIOGAのものは1万円ほどです。その一方で1000円前後で購入できるのがコピー品サドルです。あまりに安すぎるからかコピー品のくせに悪いレビューが少ないという不可思議な状況です。

レビューの中身は「価格の割にはよかった」「軽かった」というものが多数ですが、もちろん中には低評価もあります。

  • お尻が痛い
  • レール部分が曲がった。
  • メッシュ面のプラスチックが割れた。

大体がこのような内容のようです。格安品なので、個体差・当たりハズレは大きそうですね。

かくいう僕はこのVERTUをロードバイクに付けて通勤に使用しています。壊れたら他のサドルを買ってみようと思って1年近く経ちますが、まったく壊れてくれません。丈夫すぎるのも考えものです。

軽くて硬めが好きならオススメ。TIOGA買う前のお試しとしてもありかも。

このスパイダーのコピー品VERTUのウリはまず価格です。次に軽さと質感です。

軽くて硬めがいいけど、少しだけクッション性がほしい!なんて人は試してみても良いと思います。

詳しい人からは白い目で見られること間違いなしですが、タイオガスパイダーに興味がある人にはオススメです。

サドルはお尻に合わないとどうしようもないですから、1万円を自分に合うかどうかわからないサドルに投じるのは怖いですね。

まったく同じとはいいませんが、スパイダーサドルの雰囲気は十分にわかってもらえると思います。そんな人のお試し用としてどうぞ。

関連記事

コメント

コメントする

目次