自転車通販サイトCyma(サイマ)で自転車購入はアリ?

2019 12/29

こんにちは、Daz(@daz555com)です。

自転車通販のCyma(サイマ)。実店舗を持たないネット通販専門の自転車屋さんです。僕のクロスバイクPrimerはここの売れ筋商品です。定価25980円。激安クロスバイクです。

目次

自転車通販サイトCymaとは

Cyma(サイマ)は、おそらくネット通販専門の自転車通販サイトとしては日本最大です。ちなみにCymaはサイクルマーケット(Cycle Market)の略です。ドメインがcyclemarket.jpです。

一般家庭向けのラインナップが豊富

子供用からeバイクまで自社ブランドを中心に、選ぶのに困るほど豊富な品揃えです。ママチャリ、通学通勤に定番のブリジストンも扱っています。ヤマハの電動ママチャリも扱ってますね。

ワイズロードが出店してる

自転車店チェーンのY’sロードと組んでY’sロード・サイマ店というのもあります。有名スポーツ自転車ブランドもネットで注文、店舗で受け取りができます。ビアンキ買えますね。個人的にはMarinが買えるのがポイント高いです。お店が遠いので受け取りに行けませんが。

Cyma(サイマ) の運営企業は上場企業

Cyma(サイマ) の運営会社は Aチームというネット系の上場企業です。自動車査定サイトのナビクルや結婚式場情報サイトのhanayumeなどの有名どころを運営していることから筋金入りということがわかります。他にヴァルキリーコネクトや三国BASSAといったスマホ向けのゲームも運営しています。

ウリは3つ。送料無料、完成車で届く、豊富な品揃え

サイマは順調に売上を伸ばしています。これは時代の流れから当然とも言えます。

自転車購入は一大イベント

自転車屋さんに行って自転車買うのは一般の人にとっては一大事です。家電よりも少ない情報をもと自転車を選ぶのは結構なストレスです。

一台を選ぶまでに自転車屋さんの大将ないしスタッフと会話を交わすことが必要です。お店側とお客さんでは情報の非対称性があるため、本当に納得した上での買い物は大変です。特に僕のようなコミュ障チックな人には会話自体が苦痛です。

ネットでゆっくり比較検討してポチる。これが一番楽チン、安心です。

特徴1:豊富な品揃えで目移りするレベル。

サイマでは、子供用から電動ママチャリ、スポーツ自転車、ミニベロ、およそ自転車というカテゴリーの商品はすべて取り揃えています。

最近話題の電動アシストマウンテンバイク=eMTBもちゃっかり揃えています。

ブランドの格や性能はさておき、すべてのカテゴリーでそこそこコスパ的に満足のいく製品が手に入ります。

特徴2:完成車販売

なによりも、届いてすぐ乗れる、これが一番大切です。家具の完成品お届けよりも自転車の完成車お届けへのニーズは高いと思います。

一般の人には、自転車を組み立てるという感覚がありません。非日常です。家具の板を90度には取り付けられても、ハンドルの角度はよくわかりません。ペダルが外れることを知らない人の方が多数派でしょう。

これは自転車屋で買っても同じと思うかもしれませんが、自転車屋さんで買うと自転車屋さんから家まで持って帰るor乗って帰るというタスクが発生します。遠くの自転車屋さんでは買えません。軽トラで運んでくれる大将もいますが。

近くの自転車屋さんとなると、あさひとかダイワとかが候補になります。品揃えは豊富ですが、本格派はありません。普通の自転車だったらサイマの方が確実に自宅まで届けてくれるので便利です。

もちろん、実店舗派もいます。しかし、自宅まで届いてほしいという層は確実に存在しサイマの売上に着実に貢献しています。

特徴3:送料無料でダメ押し

しかも、サイマでは多くの地域で送料無料です。もちろんこれは実際には価格に含まれているだけですが、お得感があります。商売上手。

遠隔地だとちゃんと料金が発生するあたりが、かえって無料のお得感を増しています。

カスタマー対応はGOOD

上場企業が運営してるからか、カスタマー対応などは比較的Goodです。

自転車整備士が点検・整備の上で発送と謳っていますが、僕の買ったPrimerは初期不良がありました。

まあそんなこともあるかな、と思って一応問い合わせメールしたら修理費用負担の申し出のメールがすぐに来ました。神対応、とまでは言いませんがスムーズで満足感は高かったです。

僕のサイマの評価が高いのはPrimerという商品への満足度に加えて、この出来事の影響が大きいです。

サイマ(Cyma)のイマイチな点

価格とサービス内容からあまりネガティブな意見はありません。

価格相応の自転車を手に入れられる優良な通販サイトという印象です。

あえていうなら、スポーツ自転車のラインナップは少し物足りないです。

ロードバイクのラインナップが貧弱

ロードではINFIZA VOLANTという韓国ブランドのカーボンモデルがトップモデルとして並んではいますが、あとはドロップハンドルを付けただけのルック車レベルが基本。

最近流行りのグラベル系のラインナップもなさそう。

MTBはもはや無視

MTBではビアンキの電動ユニット付きのMTBがありますが、他はそれらしき車体が見当たりません。

国内の自転車カルチャーの中心はロードなので仕方ないところではありますが、少し寂しいですね。

個人的にはイギリスのネット通販のCRCのように、傘下に強いブランドを持って完成車からパーツ売りまで展開していってほしいなと思います。レースでも採用されれば売れると思いますし。どっかのブランドをM&Aでゲットしましょう。

「普通の」自転車を通販で買うならサイマは良い選択。スポーツ自転車は要検討。

結論として、サイマで自転車を買うというのはかなりアリです。

特に普通の自転車なら。

普通の自転車はかなり高コスパ

普通の自転車、つまり子供用、シティサイクル、ママチャリ、電動自転車のコスパは十分です。

クロスバイクも入門レベルなら豊富にあります。通勤用やサイクリング用としてどうぞ。

スポーツ系に関しては、小径車(ミニベロ、折り畳み)はtern、DAHONと品揃えがあるのでいいと思います。

ガチのスポーツ系はイマイチ

ロードは、ルック車的なものから本格的なものまで薄ーく揃えてありますが、正直、僕ならこの品揃えから選ぶ事はしません。実店舗か楽天やヤフーなどの通販サイトで本格ロードバイクの通販をやっているお店から買います。

MTBはありません。eバイク、eMTBはあります。eMTBとしては結構安いので最初の一台には良いでしょう。安いといっても20万円台ですが。

オススメはPrimer(ひいき目MAXで)

ちなみに僕のオススメNo.1はPrimerです。これは所有者としてのひいき目こみです。Primerは3万円未満の激安クロスバイクです。人を選びますが、40cの太めのタイヤが街乗りに向いています。

Cymaは、本格的なスポーツ自転車を買う気はないけどクロスバイクを安く手に入れたい!という友人や家族にはオススメできます。ママチャリもいっぱい扱ってますし。

関連記事

コメント

コメントする

目次