MTBカスタマイズ!メリダMatts 6.5-Vのカスタムを考察

2019 12/28
MTBカスタマイズ!メリダMatts 6.5-Vのカスタムを考察

こんにちは、Daz(@daz555com )です。

前回の記事でメリダのMatts 6.5-Vのざっくりとした仕様について書きました。

今回はMatts 6.5-Vのカスタマイズを真剣に考えてみようと思います。大きなカスタム・ポイントは

・フロントシングル化
・ホイール周りの変更

です。あとはこまかいパーツ類を変えたいですね。軽量化や見た目アップ的な感じで変更することになると思います。

目次

カスタマイズの方向性

エントリーオブエントリーモデルMTBであるこのマッツ号は、ルック車に毛が生えた程度の装備と、野暮ったい見た目を持ち合わせています。

見た目をイマドキに風に!

カスタムは「見た目をイマドキに!機能もちょいちょいグレードアップ!軽くできたらなお良しの方向で、パーツ類を中古で安く済ませる」という長ったらしい方針です。

予算は定価と同じ3万円くらい

無料で手に入れたおかげで浮いた費用をカスタムに回すつもりですが、定価5万円実売4万円の自転車に最新のDeoreのXTRをおごってあげるわけにもいきません。リアディレイラー周辺だけで車体価格超えてしまう恐れがあります。そもそも12速は入りませんし。大体5万円くらいをメドにカスタムしていこうかなと思っています。

パーツは中古と中華系で探す

低価格自転車に高級パーツというおバカなカスタムもそれでおもしろいけど、基本的にはパーツは中古をメインであとは中華系の安物を探すことになりそうです。

フロントシングル化

このマッツ号(Merida Matts 6.5-V)、イマドキのMTBとしては珍しくフロントトリプル、3×7の21段変速です。多分10年~20年くらい前のMTBの仕様です。

フロント3速はデザイン的にも機能的にも不要

さすがにフロントトリプルでは見た目の野暮ったさが光りすぎです。機能的にもフロントの3段は不要です。実際に乗っているとフロントはミドルに自然と落ち着きます。リアが7段しかないのでこのままフロントミドル固定だと急坂はきついですが、リアをワイド化してフロントの丁数をよく考えればそれもおおむねクリアするでしょう。

イマドキっぽさを出すならフロントシングル。そして機能面&重量面でもアリです。リアエンド135ミリということと、予算的に1x10くらいが現実的でしょうか。後述のホイール交換との合わせ技で1×11でもよいかもしれません。中古でよいパーツと出会えるかが勝負です。

フロントシングル化に合わせて、クランクやBBの交換もしたいですね。

リアは7速だけど、Notボスフリー!謎のこだわり?

リアは7段。7段といえばリアディレイラーはShimanoのTourneyです。クロスバイクやルック車によくついてるあれです。この価格帯のチャリンコにDeoreは期待していませんが、MTB用とは到底言えません。

リアはカセット式!

しかし悪いことばかりではありません。リア7速ということはリアハブはボスフリータイプに違いない、、、と思っていました。しかしリアのハブやカセットを調べていたところ、なんとカセットタイプであることが判明しました。

リアのパーツ構成は

  • ハブがJY-F362
  • スプロケットがCS-HG200-7

でした。

ハブはジョイテック製

ハブのJYからジョイテックであることがなんとなくわかりますが、F362の型番の情報はなかなか出てきません。海外のサイトの情報を辿って7~9速対応のハブであるらしいことがわかりました。多分ね。現物チェックはしていません。

スプロケットの情報はもっとわかりやすいです。CS-HGほにゃららとかいう表記はシマノのものに違いないので、そのまま検索ボックスに放り込めばシマノのサイトにたどり着きます。Tourneyクラスの「カセット」スプロケットです。やったぜ!

スプロケットはShimano Tourneyクラス

ボスフリーの場合、カセットタイプのスプロケットを付けることができないため実質的に8速以上とは互換性がありません。リアの変速の変更にはホイール交換がほぼ必須となります。しかし、カセットタイプのハブである以上8速以上へのスプロケット交換が可能になりそうです。このホイールをそのまま生かすかどうかはずいぶん怪しいところですが。

しかし、デフォルト7速なのにボスフリーでないあたりはメリダのMTBに対するプライドなのでしょうか。ボスフリーは構造的に弱いと聞きますし。それとも何か別の理由があるのでしょうか。機能的、コスト的に現実的なチョイスなのかもしれません。もうすこし造詣が深まれば僕にもわかる日がくるかもしれません。

知人から譲ってもらう前からわかってはいたことですが、カスタムにおいてはここが(財布的にも作業の大変さ的にも)最大の山場になるかと思っていました。次のディスクブレーキ化を考えるまでは。

フロントもリアもディスクブレーキ化

イマドキのMTBはもれなくディスクブレーキです。しかも油圧なら制動性が段違いです。泥や悪天候にも強いため、エントリーモデルから上位モデルまでこぞってディスクブレーキ搭載です。

Mattsシリーズにも6.10-MDというディスクブレーキモデルの兄貴分が存在します。

現在、Vブレーキはクロスバイク用の軽量アイテムといった位置付けです。ただ、そのガツン系の効きと価格の安さからジュニア用のMTBでは現役ですし、オールドMTBなどではVブレーキしか選べませんから消えることはないでしょう。

このMatts号もディスクブレーキ化したいのですが、そもそもの問題で、ディスクブレーキ用の台座がフレームについていません。当然、フロントのサスペンションフォークにも台座はありません。そのままではディスクブレーキ化は不可能です。

フロントサスペンションは交換、リアはアダプターで対応することになりそうです。さらに、ホイールもディスクブレーキ用ではありませんので交換必須です。

・フロントは台座付きのフォークへ交換
・リアはディスクブレーキ台座を取り付けるためのアダプターを取り付ける
・ホイールもディスクブレーキ対応のものに交換

がディスクブレーキ化の手順となります。

27.5インチ化

ディスクブレーキ化ができたらぜひチャレンジしたいのが27.5インチ化です。26インチでもよいですが、27.5のほうが好みです。やはりぐんぐん進む感じがよいです。

問題はタイヤクリアランスですが、これは試してみないとわからないことでもあるのでお楽しみに取っておきたいと思います。見た感じでは入るんじゃないかなと思っています。

あと、OLD幅135ミリQRのリアエンドが少し気になります。最新のリアエンド幅は148ミリスルーアクスルのBOOST規格が主流、その前は142ミリスルーアクスル。135ミリQRはさらにその前あたりでしょうから少し数が減ります。まあ中古市場ではちょこちょこ見かけるので何とかなるでしょう。

ディスクブレーキ化でフロントサスペンションを交換する際に26と27.5の両方に対応しているモデルを選べるとよいですね。中古の神様の機嫌と根気次第ですかね。

チューブレス化

これもやっておきたいカスタムです。27.5インチのチューブレス対応ホイールは選びたい放題なので心配はしていません。135ミリQRに対応しているモノがあるかは不安ですが。多分大丈夫でしょう。

もしディスクブレーキ化なし26インチのままいくとしても、チューブレス化したいですね。しかしそうなるとホイールの候補が限られてきます。

残るは通常ホイールを無理やりチューブレス化するかという感じですが、それも全然アリ。

ハンドル周辺

ハンドル周辺ではハンドルバーの交換を考えています。

現在は560ミリのフラットバーハンドルがついていますが、ちょっと狭すぎます。見た目的にもクロスバイク感が強くなりますね。MTBは広めのハンドルがベターです。

昨今の800ミリとかは必要ないです。680ミリくらいがよいかなと思います。山攻めないし。

700ミリくらいの買って、様子みながらカットするのがよいですかもしれません。

グリップも変更します。握り心地がよいやつ。クロマグあたりがド定番でいいですよね。

ステムも変えたいけど、ハンドル交換後の乗り心地でステム長を決めようかと思います。

ヘッドパーツは当分このままでよいです。不満もないし、そもそもそんなに頻繁に交換すべきものでもないので。

ペダル

このMattsシリーズは、ペダル付きで販売されていおり、今はデフォルトの樹脂ペダルがついています。滑ります。どこでぶつけたのかわかりませんがすでに割れているので交換します。

僕好みの幅広のフラットペダルを探します。RACEFACEのAtlus風の激安ペダルとかないですかね。メインのカスタマイズにお金かかりそうなのでケチっていきたいところです。

サドルとシートポスト

お尻周りは不満あんまりないです。そもそも1000円もしないタイオガのパクリ激安プラスチックサドルでロードバイクに乗れる自分にとってケツ問題はあんまり関心ないです。しいて言えば軽量化のために変えるかですが、予算的に最後になりそうです。

フロントシングル、ディスクブレーキ化、ホイール交換の3つがメインカスタム

メリダのMatts 6.5-Vをカスタムするにあたって

・フロントシングル
・ディスクブレーキ化
・ホイール交換

の3つが軸となります。

ディスクブレーキ化にあわせてホイールを選び交換。ホイールに合わせてカセットやディレイラーを入れ替えフロントのクランク交換(BBも?)をおこなってフロントシングル化する!という流れです。

次回はディスクブレーキ化に向けて、規格等を調べてネット上を探し物してみようと思います。

関連記事

コメント

コメントする

目次