Vブレーキをディスクブレーキ化したい!A2Zのアダプター入手が超困難

2019 12/29
Vブレーキをディスクブレーキ化したい!A2Zのアダプター入手が超困難

メリダの MTB、Matts 6.5-Vをディスクブレーキ化するにあたり必要なディスクブレーキ化アダプタを探しています。

候補は3つ

  • A2Z ユニバーサルディスクマウント 
  • Chaser MTB ディスクブレーキ 台座 アダプター マウント キット
  • 中華製の怪しいやつ。

それぞれ調べてみた限りの特徴などを記していきたいと思います。

目次

A2Z ユニバーサルディスクマウント 

これはかなり良さそうです。Amazonや海外通販のWiggleで4000円程で掲載があります。ただ在庫がないです。(2019年12月現在)

画像
A2Z ユニバーサルディスクマウント

Amazonで、転売屋さんらしきショップが1万円くらいで売っているのを見かけました。もはや売ってくれるだけ良心的かもしれません。

A2Zとはどんなメーカー?

A2Zはディスクブレーキ関連のパーツを開発、製造しているメーカーさんですね。

公式サイトによると1998年からやってるみたいなので、老舗とまではいきませんが中々の社歴です。

他にもハブやパッドなど幅広く開発製造しているみたいです。中華系かな

取り付け方法

リアエンドを挟んで、クイックリリースで挟み込みます。

取り付け方法は簡単そうです。取り付けられないフレームもあるみたいで、その場合は加工するか諦めて後述のアダプターキットにするしかありません。Matts6.5-Vへ取り付けできるかどうかはまったく不明です。が、チャレンジの価値はあります。

入手方法と価格。

Wiggleにて4000円弱で販売しているみたいなのですが、ここのところずっとOut of Stock、売り切れです。もしかして製造終了?

中古市場でも稀にしか出回りません。あとはeBayなどで海外通販するしかないですが、送料や関税考えると1万円は超えてくるので単体で買うには割高すぎます。前述のAmazonの転売屋から買っても1万円、、、。

オススメ度:A-

リムブレーキ車をディスクブレーキ化するならこれが鉄板!と言っても過言ではないと思います。

後述のアダプターキットはゴツすぎ値段高すぎで人を選びます。ただ、手に入らないことにはどうしようもない。

Chaser Technology MTB ディスクブレーキ 台座 アダプター マウント キット

a2zのものとは違い、vブレーキ 取り付け用の穴までアームを伸ばし、強度を増すタイプです。ゴツい。

画像
ごついアームが気になる

Chaserとはどんなメーカー?

アマゾンでメーカー名をクリックすると綺麗なモデルのお姉さんがTシャツ着てる姿を拝めます。これらは無関係。

No Image
Disc Brake Adapters

Chaser Technologyというカリフォルニアの自転車パーツ通販屋さんみたいです。自社開発品ではないと思いますが、実際の製造元は不明でした。本国サイトではカラーリングに赤とか青とかあるみたいです。

レビュー見る限りでは商品はマトモそうです。

取り付け方法

リアエンドと、シートステーにあるVブレーキ用の台座穴を使って固定するタイプです。ディスクブレーキの力をVブレーキ台座側に逃すことで強度を高めています。アームがゴツイ。

入手方法と価格

これならアマゾンでも手に入ります。大体13000円くらいです。アメリカ本国では60ドル以下なので、そんなもんなのでしょう。

ただ、サイズが2種類あってどちらがよいのかわかりません。ネット上に人柱レポートもありませんし。もう少し参考情報が欲しいですね。

オススメ度:B

なんかゴツすぎてコレジャナイ感があります。しかしA2Zのものが手に入らない状況下では選択肢がこれしかないのが現実です。

ただ、お値段13000円は高い!デザインがイマイチで値段が高いとなると、機能を満たしていても僕的にはNGです。

ただ、間違いなくA2Zのものよりも強度は高いと思われるので、ゴツいのが気にならない人にはよいと思います。

中華系の怪しいやつ

名前出すのも憚られますのでアマゾンの写真をご覧ください。

画像
華奢!

なかなか華奢(きゃしゃ)です、これは。20ミリ用と32ミリ用という2種類があるみたいです。

メーカー

調べるもなにもよくわかりません。こういう攻めているパーツを作るのは中華系の工場です。遠慮というものを知りません。命の大切さも知らないかもしれない。

取り付け方法

見た感じはA2Zのものと同じでしょう。

ただ、強度は疑問です。1ライドごとに交換することを覚悟しておきましょう。スリリングなサイクリングを楽しめます。急坂の下りでは神様にお祈りしましょう。

入手方法と価格

アマゾンでポチれます。お値段300円くらい。送料無料!

オススメ度:D

多分買わないほうがよいと思いますが、ネタ的に試してみたい気持ちはあります。安いし。

web上で取り付けのレビューはありましたが、試乗のレビューはないみたいなのでやってみても面白いかもしれませんね。

A2Zのディスクマウントが鉄板。販売再開まで待つことに。

色々物色しましたが、結論はA2Zのユニバーサルディスクマウントが一番よさそうです。

ただ、これが手に入らないのでとりあえずは様子見になりそうです。Wiggleの販売再開を待ちつつ中古で探します。

こうなるとMatts 6.5-Vのディスクブレーキ化は遅れることになります。フロントはフォーク交換でいけますが、前後違うブレーキシステムというのもなんか違和感あります。27.5 インチ 化もしたいし。迷います。

とりあえずはディスクブレーキ化を前提に26インチ でVブレーキ、ディスクブレーキ両対応のホイールを探しましょう。気が向いたら中華系の怪しいディスクブレーキマウントアダプタを購入してみます。

関連記事

コメント

コメントする

目次